上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メンタルヘルス対策は2006年「労働安全衛生法の一部を改正する法律について」の施行があり
以降、急速に企業の取組み度が進んているようです。。


stock-illustration-16794278-negative-thoughts[1]


法改正が進み、事業者における安全配慮義務の概念も、より明確化され確立されているようです。

特にメンタルヘルス不調に関し、面接指導を受けた結果として、事業者が労働者に対して不利益な取扱いをすることがあってはならないこと。
事業者は、面接指導により労働者のメンタルヘルス不調を把握した場合は、必要に応じ精神科医等と連携を図りつつ対応することが適当であること。
これは、小規模事業者(50人以上)でも平成20年よりすでに施行されています。
長時間労働者に対する面接指導制度の整備
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。