スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇ついに完成!勤怠管理システム『メンタルヘルス勤怠ウォッチャー』

◇特徴のご紹介◇

『メンタルヘルス勤怠ウォッチャー』は
小規模の企業が社員のメンタルヘルスを重点とした
労務管理が行えるよう考えられています。



おもに、全社員の状況が把握できる総務などの管理部門が
管理している、月毎の勤務時間報告書を使って必要なデータを
取り出そうというものです。

<特徴1>
メンタル問題を勤怠状況データから、一定期間を抽出して労働時間が把握できます。
⇒コンプライアンス対応に便利です。
<特徴2>
勤怠の連絡状況や欠勤状況を捉え、メンタル問題となるアラームがあげられます。
⇒早期にキャッチ、ヒヤリングなどの適切な対策を講じることに役立ちます。
<特徴3>
データが、グラフ化出来ます。
⇒グラフ化することにより、社員の勤怠の特徴をつかみより適格な対応に活用できます。


*メンタルヘルスケア

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。