FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇自殺者数の増加と心の病について

日本人の自殺者数は、1998年より急増             
それ以降2008年までの11年間連続で3万人を超えています
その3割弱が就労者による自殺でいづれも同様に増加をしており、
大半の例で精神疾患“心の病”があることが指摘されているとのことです。


stock-photo-17748904-dissolving-fractured-head.jpg

心の病は主として下記となりますが、その大半はうつ病です。
 * うつ病:耐え難いほど落ち込んだ気分が続いたり,何ごとにもやる気や興味を失ったりする
 * 神経症:強い不安を覚えたり発作に襲われる
 * 心身症:胃痛や頭痛,性機能障害など体の不調となって表れる

特にこのような症状が2週間以上も続いていたら、専門医へ相談をすることが重要となります。
 * 沈うつな感情や不快感が続く
 * 興味や喜びなどの感情が薄れている
 * 疲労感が強く、気力がわかない。少し動いただけで疲れを感じるようになった
 * 集中力や注意力が低下してきている
 * 自分のことを価値のない人間だと考え、生きる自身を失っている
 * 周囲に迷惑をかけることを、極度に気遣う
 * 将来に不安感ばかり覚えてしまい、希望を見いだせない
 * 自傷行為や自殺願望がある。実際に自殺を計画したことがある
 * 不眠が毎日のように続いている
 * 食欲不振である

アルコール依存症とうつ病の合併は頻度が高い!
アルコールとうつの関係は深く、主なパターンとしては
 * アルコール依存症にうつ症状が見られる場合
 * うつ病が先で後から依存症になる場合   
そして、自殺した人の3分の1は直前に飲酒しているそうです。
習慣的な大量飲酒やアルコール依存は自殺の危険を高めてしまうそうです。“うつ病”
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。